柏崎・米山のご当地グルメ!サバサンド

柏崎・米山のご当地グルメ!サバサンド

米山のサバサンドはトルコ生まれの柏崎育ち!
脂がのってふっくらしたサバをレモンと塩・胡椒のシンプルな味付けが引きたてます!
カリッと揚がったサバの唐揚げはクセがなくモチモチのパンとの相性もバツグン!


サバサンドのこだわりはサバと特製パン!

サバは美容・健康によいとされる不飽和脂肪酸オメガ3のEPAとDHAをたっぷり含んでいます。なかでも北欧産のサバは脂がのってふっくらとした食感と旨みが特徴で、その美味しさには定評があります。
このサバとオニオンをはさむのが特製パン。サバサンドの販売から開発が続けられている特製パンは、もちもちとした食感がサバとオニオンの美味しさを引き立てます。

サバサンドの美味しい食べ方!

サバの半身をカリッと揚げて、オニオンスライスやサンチュと一緒に特製パンでサンドしてもらったら、味の仕上げをしましょう!
プレーンのサバサンドは、塩とコショウは少し多めがオススメ!
レモン汁はお好みで。
レモンの酸味とモチモチパンの食感のバランスが美味しさをアップします。

お持ち帰り用のサバサンドも!

北陸自動車道米山SA(下線)では、お持ち帰り用のサバサンドを販売しています。こちらはプレーンとサルサソースの二種類のサバサンドが楽しめます。

サバサンドの販売

サバサンドは、北陸自動車道米山SA(下線)と日本海フィッシャーマンズケープ、「道の駅あらい」のあらいの里で販売しています。
■レギュラー:300円(税込)
■ビック:600円(税込)

サバサンド 道の駅あらい

サバサンドはこうして生まれた!

サバサンドは、1997年柏崎トルコ友好協会主催の第1回トルコ旅行の参加者がトルコで食べたサバサンドを帰国して紹介したのがはじまりといわれています。このときサバサンドは、日本人の好みに合わせてサバをから揚げにして提供されることになり、柏崎トルコ文化村と日本海フィッシャーマンズケープ、北陸自動車道米山SA(下線)の3ケ所で販売されました。

その後、柏崎トルコ文化村は2004年に閉演となりましたが、サバサンドは高速道路を利用する観光バスのガイドさん達のクチコミで米山のサバサンドとして広く知られるようになりました。こうしてトルコから伝わったサバサンドは柏崎で進化し、トルコ生まれの柏崎育ちというハイブリットなご当地グルメとなりました。