Special柏崎の笹団子特集

sasadanngo

新潟を代表する名物といえば、笹だんごですよね。日持ちもするのでお土産としても重宝します。 柏崎では「えんま市」のときに食べる習慣があって、6月になると笹団子が食べたくなります。現在でも笹団子を作るご家庭もあり、おすそ分けをいただくととっても幸せな気分です。
新潟県内で笹だんごを販売しているお店は100店ほどと言われています。柏崎でも10店以上で笹団子を製造販売しており、見た目は同じでもそれぞれ特徴があります。
今回は、柏崎でこだわりの美味しい笹だんごのお店を紹介します! ぜひお店に立ち寄ってみて下さい。

越後柏崎 愛松堂

image005

〒945-0822
新潟県柏崎市穂波町1-27
電話0257(23)1060 FAX 0257(21)3122
営業時間9:00~18:30
ウェブサイト:http://www.banjindaiko.jp/

愛松堂さんの笹団子は、しこしこと歯ざわりが良く、 もち草もたっぷり入って香りしっかり! だんごの中にはこしあんがたっぷり!もち草の香りに笹の素朴さは、田舎風のおばあちゃんの味。故郷の懐かしい風味を感じる事ができる逸品です。

綾子舞本舗タカハシ

image007

〒945-0023
新潟県柏崎市原町6-40
電話 0257(22)4762 FAX 0257(22)2551
営業時間9:00~18:30 
ウェブサイト:http://www.ayakomai.co.jp/

タカハシさんの笹団子は昔ながらの笹団子!
地元綾子舞の里(鵜川)で収穫したよもぎを煮たり、干したりして、手間ひまかけて団子に練りこんだタカハシ手作りの笹だんごです。全て手仕事で行っています。生笹の匂い、天然よもぎの香り、自然な風味を堪能できます。

光月堂

image003

〒945-0113
新潟県柏崎市中田1782
電話0257(22)4492  FAX 0257(23)0266
営業時間8:00~18:00
ウェブサイト:http://www.kasenan-kougetsudo.co.jp/

光月堂さんの笹団子はこだわりのこしあんが特徴です。
皮むき製あんのこしあんは、色はあっさりしていますが小豆本来の味がぎっしりつまっていて奥行きのある味わい!この風味豊かなこしあんをたっぷりとよもぎの入っただんごで包み、生笹でまいてふかしているので笹のかおりがアクセントになっています。
あっさりとしたこし餡によもぎと笹のかおりが絶品の笹団子です。

大福屋

image001

〒945-0046
新潟県柏崎市四谷2-2-3
電話 0257(22)3642 FAX 0257(22)0407
営業日時間 9:00~18:00
ウェブサイト:http://www.sasadango-daifukuya.com/

大福屋さんの笹だんごのこだわりは、新潟米の新米を玄米で仕入れ、お店の精米プラントで自家精米・自家製粉し、挽きたての米粉と新潟産よもぎで作っていること。二つ目は、北海道小豆の新豆を圧力釜でやわらかに炊いた粒あんを使って毎日できたての笹団子を販売していることです。
蒸したてをそのまま食べることができるのもこだわりのひとつ。通信販売もあるので届いたらそのまま食べることができます。
お願いすればこしあんの笹団子も作っていただける、こしあん派にはうれしいサービスもあります。

株式会社 最上屋

image009

〒945-0066
新潟県柏崎市西本町1-3-22
電話 0257(22)4145 FAX 0257(32)0555
営業時間9:30~19:00 
ウェブサイト:http://mogamiyashop.com/

笹団子は新潟県の代表的なお菓子で、その昔、戦国時代に越後の武将上杉謙信公が兵の携帯食として作られたのが始まりと言われています。柏崎地域では、笹の殺菌力を利用した保存食として6月の田植えの時期にそれぞれの家庭で作っていました。
最上屋さんの笹だんごは、新潟県産の米粉と餅粉に国内産のヨモギをたっぷり入れた風味の良い草だんごを、国内産の笹に包んでいます。(賞味期限は4日間)
売価(税込)
10個入り 1300円
20個入り 2600円
30個入り 3900円
40個入り 5200円
50個入り 6500円

柏崎笹団子マップ