新潟三大高市特集

新潟三大高市特集

新潟県内で行われるお祭りの中でも屋台の数が多い大規模なお祭りを「新潟三大高市(たかまち)」といいます。柏崎のえんま市を皮切りに蒲原、村上と縁日が開催されます。
昔からの楽しみ縁日は子どもから大人まで楽しみですよね。


【えんま市】

開催日:6月14日(金)/15日(土)/ 16日(日)(ただし瀬戸物市・植木市は17日までの4日間)
えんま市夜
柏崎駅を真っ直ぐに進むと、ニコニコ通りが見えます。そこから本町など目抜き通りを露天が並びます。「えんま市」は、もともと柏崎市東本町にある閻魔堂の馬市だったものが、文政年間には露店が立ち並ぶ縁日の形態となったと伝えられ、その起源は200年前とも300年前ともいわれています。そのせいか閻魔堂のまわりは昔ながらのお化け屋敷や射的などの露天がたくさん並びます。期間中の露店の営業時間は午前10時から午後10時まで。臨時列車が運行され、バス路線も変更になります。

えんま市の楽しみといえば、そこでしか食べられない屋台ご飯。昔からある「チョコバナナ」、「りんごアメ」、「たこ焼き」をはじめ「ぽっぽ焼き」など様々あります。近年行列ができるのは、「ぽっぽ焼き」「たこ焼き」でしょうか。その他に、毎年流行る子どものおもちゃもありますね。昔は、カチカチクラッカーなどありましたが、最近は「トレーディングカード」「ハンドスピナー」が人気のようです。閻魔堂近くではお化け屋敷、射的も人気で子供から大人まで楽しめる場所になっていますね。また、柏崎市民プラザ前では、柏崎のB級グルメ「鯛茶漬け」はじめ「サバサンド」、「笹団子」、「鯛めし」など柏崎のお店ならではの食・酒が集まっています。
  


【蒲原まつり】

開催日:6月30日(日)/7月1日(月)/ 7月2日(火)
露天出店時間:6/30:13時~23時 7/1、7/2:10時~23時
会  場:新潟県新潟市中央区長嶺町3-18

新潟市の蒲原神社とその周辺1kmにわたり450店余りの露店が並び毎年約20万人以上の賑わいといわれています。この蒲原まつりでも昔ながらのお化け屋敷や射的などがあり、子どもはもちろん、大人も童心に帰って楽しめます!また新潟発祥のぽっぽ焼きも多数出店するそうです。
7月1日の夜は、蒲原神社の神楽殿にて、一年の稲作の豊凶を占う『御神籤(おたくせん)』といわれる神事が行われます。

【村上大祭】

開催日:7月6日(土)宵祭り(午後 町内巡行)、7日(日)本祭り(本巡行)
露店開設期間:7月6日(土)~8日(月)各日15時~22時
会 場:村上市役所周辺

国の重要無形民俗文化財に指定された村上大祭は、おしゃぎりという山車(だし)が市中をまわるお祭りです。村上大祭で引き回されるおしゃぎりは19台。しゃぎりとお囃子、仁輪加の3種類があり、村上伝統の彫刻と漆塗りの粋をこらしたおしゃぎりの中には、200年以上も昔に製作されたものもあり、絢爛で豪華な美しさです。気になる露店は300店余り、お祭のインターネット中継もされているので、いろんな楽しみ方ができるようになっています。